今しばらくお待ちください 敬語 メール

署名 また、口頭とメールでの「今しばらくお待ちください」の重みが違いますのでご注意ください。電話で使用する場合は、数秒や数分という捉え方ですが、メールですと一週間ほど想定されます。, 敬語としての今しばらくお待ち下さいの意味は、「本当に申し訳ありませんが」、「お待ちいただくことは可能でしょうか」といった内容です。 ここでは「今しばらくお待ちください」の意味や正しい使い方をご説明します。メールの例文やビジネスシーンでの言い換え表現についてもお伝えするので参考にしてくださいね。, 「今しばらく」の「今」の意味は「さらに。そのうえ。もう」であり、「しばらく」は「すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし」を意味します。, つまり、「今しばらくお待ちください」とは「今すぐではないけれど、もう少しの間待ってください」という意味となります。, ビジネスにおいて、時間は貴重なもの。「お待ちください」とただ漠然と待たされるよりも、状況によっては「今しばらく」をつけて、待ち時間の目処がつくようにすると親切です。, 「今しばらくお待ちください」の「お待ちください」は「待つ」に尊敬語「お~ください」を組み合わせたフレーズであり、単独で使っても差し支えない丁寧な表現です。, しかしながら、「お待ちください」だけでは待つことを強制するようなぞんざいなニュアンスがあります。そこで「今しばらく」を付け加えることで、「あと少しだけ待っていてください」と待たせることに対する申し訳なさを言外ににじませることができます。, 電話対応や来客の場合など、お待たせして申し訳ないという気持ちを示すためにも、相手を待たせそうな場面では積極的に「今しばらくお待ちください」と断りを入れましょう。, 前節でご説明したように数秒~数分待たせるときや、概ね数日から一週間程度を想定して使われたりします。, それより長く、相手を一ヶ月やそれ以上待たせる見込みがある場合には、「今しばらく」ではなく「多少お時間をいただきます」「お時間頂戴します」といった表現に変えましょう。, とはいえ、自分が「今しばらく」といって想定する期間と、相手が「今しばらく」と聞いて想定する期間にズレがある場合も考えられます。「今しばらくお待ちください」というフレーズを使う場合には、相手を待たせすぎて失礼にならないよう、具体的に「〇日頃にはお返事いたします」などと伝えたほうが親切です。, 下記例文は、営業マンから商品購入の検討状況を確認するメールを受け取ったときの返信内容です。, ==================== 記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 今しばらくという言葉は意外と頻繁に使います。何かあった時に相手に待ってもらう必要がでてきたら、とりあえず今しばらくお待ちくださいと言ったりします。そこで、色々の状況で使用される、今しばらくですが、本当の意味や正しい使い方はどうなのかまとめてみました。, 今しばらくの意味としては、「もうちょっと」「短時間」と言った意味があります。今しばらくお待ちくださいは、少しお待ちくださいというニュアンスがあります。 「参加させていただきたく存じます」は、「参加させていただきます」を丁寧にしたビジネスメールで使われる敬語表現ですが、ここではその使い方や「是非」等の装飾語... 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉です。ビジネスシーンでは取引先や、上司などの目上の人へ使用されます。例えば、「お調べいたしますので、少々お待ちください」という例文。 上記は、「調べるから少し待ってほしい」を意味しており、相手へ「待ってくれ」と伝える状況で使 … などが挙げられるでしょう。, 正しい敬語の使い方や話し方言葉遣いまで分かりやすく、そのまま使える文章もありますので敬語の使い方を勉強されたい方にオススメです。, 「敬語」には、決まりきった基本の「形」があります。その「形」をそのまま覚えてしまうことが、上達への近道です。豊富な実例でわかる「良い敬語」と「悪い敬語」―この1冊で、あなたの「会話力」「コミュニケーション力」が上がります。. 本当は相手にお願い、ないし確認している要素を含みます。ですので、相手の立場や、自分の立場を良く把握した上で慎重に相手の出かたを確認しながら使用する言葉です。, 一般的なビジネスメール上での使用方法は、大切な文章を記載した後や、文章が長くなるような時は工夫して文章の後ろの方に記載して一言追記すると効果的です。 「今しばらくお待ちください」の意味や正しい使い方をご説明します。メールの例文やビジネスシーンでの言い換え表現についてもお伝えするので参考にしてくださいね。 多くの採用担当者は、あなたの「人となり」を判断する材料として「趣味特技」欄までチェックしています。だから、適切に趣... いまいち難しくてなかなか正しい意味を調べることのない「ご健勝」「ご多幸」という言葉。調べてみると意外に簡単で、何に... 「ご査収ください/ご査収願いします/ご査収くださいますよう」と、ビジネスで使用される「ご査収」という言葉ですが、何... 選考で要求される履歴書。しかし、どんな風に書いたら良いのか分からない、という方も多いのではないかと思います。そんな... 通勤経路とは何でしょうか。通勤経路の届け出を提出したことがある人は多いと思います。通勤経路の書き方が良く分からない... 敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫). chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 「お待ちください」は正しい敬語です。ただし「少々」や「しばらく」「今しばらく」をつけた方が丁寧になります。今回は「お待ちください」や「お持ちくださいませ」の正しい使い方のほか、「お待ちいただけますでしょうか」や「お時間を頂きたく存じます」などさらに丁寧な言い方やメール文についてもご紹介していきます。, 「お待ちください」は「待つ」に丁寧語の「お」と敬語の「ください」をつけた表現で、メールでも口敬語として正しい表現といえます。ただしお待ちくださいという言葉は、強制するニュアンスもあるので、柔らかい印象を与えたいときには「いただけますか」や「いただけますでしょうか」といった語尾にする方が良いでしょう。, また文頭に「少々」や「しばらく」をつけることで、どれだけ待てば良いのかを相手の方に伝えることができます。「お待ちください」でも間違いではありませんが、使い方を少し工夫する方がメールなどで相手の方に良い印象を与えることができます。, 「お待ちください」の誤用その1は、「ちょっとお待ちください」です。「ちょっと」という言葉は、目上の方などに使うにはカジュアルすぎる言葉になります。ビジネスなど公式な場面では、「ちょっと」という言葉を使うのは控えて「少々」や「しばらく」といった言葉を使うようにしましょう。, とはいえ「ちょっとお待ちください」は、ややくだけた表現ではあるもののよく耳にする表現です。丁寧な言い方にしないまま言い方が癖になってしまっている場合もあるでしょうが、なるべく「少々」と言えるように意識しておくと良い印象を与えられます。, 「お待ちください」の誤用その2は、「待っててください」です。「待ってて」というのは敬語ではありませんので、「ください」を語尾につけても敬語表現にはなりません。友人や親しい同僚などフランクな関係の相手には使えますが、目上の方には使わない方が良い表現でしょう。, まれに「ちょっと待っててくださいね」という表現を使っている方もいらっしゃいますが、あまり良い表現とは言えません。使うのであれば「少々お待ちいただけますか」という表現にした方が、相手の方に良い印象を与えることができます。, 「お待ちください」の誤用その3は、「少しお持ち下さい(お待ちください)」です。少しという単語は間違いではありませんが、丁寧さでいうと「少々」の方が適切な表現となります。「少しお待ちください」よりは「少々お待ちください」と言った方が、相手の印象が良くなるのでおすすめです。, また、下記の記事は「大丈夫ですか」の敬語表現について書かれた記事です。そのほか心配をする丁寧語や可能ですのビジネスメール例文についても紹介されています。「大丈夫ですか」の敬語表現などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。. 日常やビジネスで「今しばらくお待ちください」と言われることがありますよね。ふんわりとした意味は分かるけど実際の意味や期間は分からない方多いのではないでしょうか?また同様によく使われる、「少々」や「しばし」、「もうしばらく」の期間や使用例も一緒に紹介します! ビジネス上の今しばらくを使用する時は、どれ位実際に相手に待ってもらうか良く考えて記載するようにしましょう。 人によっては、しばらくと言う言葉が入っている為に長いイメージを持つ人もいるかもしれません。それに対して、会社間でのメールのやり取りの中で今しばらくを使用した場合は、何日か後を意味するでしょう。 また、電話先でどうしても即答できないような時にも今しばらくといった表現で相手に伝えたりします。, 何度も「今しばらく」を使うと、相手に不快を与えてしまうことがありますので、使う頻度と相手をよく考えましょう。 時間がかかるの類語の1番目は、時間を要するという表現です。時間を要するという表現は、時間が必要であるという意味合いであることから、時間がかかるという表現の類語になります。 時間を要する場合には、必要な準備を整えたり、十分な人数をそろえたりといった状況を整える作業や、実際に仕事 … 今しばらくという言葉は意外と頻繁に使います。何かあった時に相手に待ってもらう必要がでてきたら、とりあえず今しばらくお待ちくださいと言ったりします。そこで、色々の状況で使用される、今しばらくですが、本当の意味や正しい使い方はどうなのかまとめてみました。 ビジネスのシーンで使う敬語色の強い表現には「厚く御礼申し上げます」「平素は格別のご高配を賜り」「平素より大変感謝しております」といった表現が挙げられますが... 「お待ちください」の英語表現その1は、「wait a moment」です。momentは瞬間という意味の英単語で、直訳すると「ちょっと待って」という意味になります。Pleaseをつけることで、丁寧な言い方になるので目上の方やビジネスに使うときはPleaseをつけると良いでしょう。, 「お待ちください」の英語表現その2は、「Give me a moment」です。直訳すると「ちょっと時間をください」という訳になります。wait a momentと同じような意味ですが、wait a momentよりも少しだけお願いする感じのニュアンスになります。, 「お待ちください」の英語表現その3は、「in a moment」です。意味は「ほんのちょっとの間」という意味になります。~をするまでたいした時間はかからないよ!という伝え方です。「すぐにそこに行くから」という状況下でよく使われます。, また、下記の記事は「引き受ける」の謙譲語について書かれた記事です。そのほか「依頼を受ける」や受諾・承諾の敬語のメール文の文例についても紹介されています。「引き受ける」の謙譲語などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。. 今回は、相手に待ってほしいときに使える「お待ちください」の正しい使い方について説明します。敬語ではあるものの、正しく適切な表現にするためには言い方の工夫が必要です。会話表現だけでなく、電話やメールなどでも役立つ表現方法をまとめました。 メールで今しばらくを使用する場合、口頭で言うよりも強めのイメージになりので注意しましょう。, ・お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。 「大丈夫ですか」という言葉は実際丁寧に聞こえても敬語であるかについて悩んだ事はありませんか?実際ビジネスで使うならば「大丈夫でしょうか」や「可能ですか」、... 「お待ちください」の言い換えその1は、「少々お待ちいただけますでしょうか」です。語尾の部分を「いただけますでしょうか」とすることで、より丁寧な印象を与えることができます。「お待ちください」と断定的に言うのではなく、相手の意思も確認するような語尾の方が相手の方のストレスも少ないでしょう。, 「お待ちください」の言い換えその2は、「しばらく・今しばらくお待ちください」です。「少々」の代わりに「しばらく」「今しばらく」といった言葉を使います。「しばらく」「今しばらく」は少々よりも長い時間を指しているので、少し長く持ってもらう状況のときに使うと良いでしょう。, 「お待ちください」の言い換えその3は、「少々お待ちくださいませ」です。「くださいませ」を語尾につけることで、丁寧になります。飲食店などでよく使われる表現です。「いただけますでしょうか」よりも丁寧さは下がりますが、今すぐに行きますといったニュアンスになります。, 「お待ちください」の言い換えその4は、「お時間を頂きたく存じます」です。「少々お待ちください」というときよりも長時間待ってもらう必要があるときにもよく使われます。「少々お待ちください」は数分ですが、「お時間いただきたく存じます」は数日後に返事をする場合にも使う表現です。, 「お待ちください」の言い換えその5は、「お時間を頂戴したいのですが」です。上記の「頂きたく存じます」は断定的な言い方ですが、「頂戴したいのですが」は待ってもらえるかどうかを相手に尋ねています。相手の返答次第で結果が変わる状況のときは、「頂戴したいのですが(いかがでしょうか。)」を使うと良いでしょう。, また、下記の記事は「厚く御礼申し上げます」の使い方について書かれた記事です。そのほか「感謝いたします」などお礼を表現する敬語についても紹介されています。「厚く御礼申し上げます」の使い方などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。. ・その件に関しましては現在メーカに確認中ですので、申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。 日本語表現 2019.09.13 lismile 「今しばらく」の意味と敬語の使い方を解説!「少々」との違いも 「今しばらくお待ちください」は、ビジネスメールやご案内で使うことが多い表現ですが、「今しばらく」とはどの程度の時間を表すのでしょうか? 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。しかし丁寧な表現にするには文頭に「少々」や「しばらく」「今しばらく」をつけたり、語尾を「いただけますでしょうか」にしたりといった工夫が必要になります。「お待ちください」を丁寧に使って、相手に良い印象を与えましょう。 また、下記の記事は「参加させていただきたく存じます」の使い方について書かれた記事です。そのほか英語表現や類語の敬語表現についてもあわせて紹介しています。「参加させていただきたく存じます」の使い方な … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 ビズ式. 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. ====================, 「もうしばらく」の「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま。まもなく。やがて。じきに」という意味です。, 「今しばらく」が現時点からさらに少しの時間を表すのに対し、「もうしばらく」は本来なら待つのは現時点までのはずだったがさらにもう少しという時間を表します。思っていた以上に時間がかかってしまった場合に使われるフレーズです。, 「少々」は「ほんのしばらく。ちょっとの間。」という意味です。一般的に「少々」は数分程度を表します。ほんの少しの間だけ待っていて欲しい時によく使われます。, ここまで紹介した類語を待ち時間の短い順に並べると「少々」「今しばらく」「もうしばらく」となります。相手を想定以上に待たせてしまうことのないよう、適切なことば選びをしましょう。, 「今しばらくお待ちいただけますか」は「今しばらくお待ちください」とよく似ていますが、疑問形にすることで相手の許可を求める言い方になります。そのため、相手を気遣うニュアンスが含まれ、非常に丁寧な言い回しになります。, よく似た間違えやすい敬語表現に「今しばらくお待ちいただけますでしょうか」というものがあります。一見丁寧な言葉遣いですが、「ますでしょうか」には丁寧語の「ます」と「です」が重ねて使われているため、二重敬語という間違った敬語表現となります。, 「しばしお時間をいただきたく存じます」の「しばし」は「少しの間継続するさま。しばらく」という意味です。また「いただきたく」は「もらいたい」の謙譲語、「存じます」は「思います」の謙譲語です。, つまり、「しばしお時間をいただきたく存じます」は「少しの間お時間をもらいたく思います」の敬語表現です。ここで言う「時間」は「相手の時間」を指しています。相手にとって都合の良い時間を少しだけ自分のために割いて欲しいということを、非常に丁寧に言い換えたフレーズです。, 「少しの間、お時間ください」は多少カジュアルな表現となりますが、シンプルで伝わりやすいフレーズです。, 相手との関係性を考えながら使うと良いでしょう。「お待ちください」を「お時間ください」と言い換えることで、待つことを強制するような印象が薄れて柔らかい表現となります。, ここでは「今しばらくお待ちください」の意味や使い方についてお伝えしましたが、いかがでしょうか。, ビジネスメールの例文や、類語・言い換え表現についても理解し、場面に応じて使い分けることを心がけましょう。. ですので状況に合わせて意味をしっかりととらえることが大切になってきます。, 一番使用するケースは相手に失礼のないように待ってもらう時に使用することが多いです。

6ix9ine Mort Aujourd'hui, Film Streaming Sans Compte, Aaron Barry Army, Chyler Leigh 7th Heaven, Minecraft Leaf Mod, Are Desert Spiny Lizard Poisonous, Dj Shockley Wife, 12 Gauge Dummy Rounds, Answer Key Finder Math, Alyssa Naeher Quotes,